NCGMバイオバンクのご紹介

「バイオバンク」にご提供いただいた、みなさまの生体試料(血液など)と
医療情報(診療情報など)を研究へ活用し、その成果によって、
人々の病気を克服していくことを目指しています。

国立国際医療研究センター(NCGM)では、患者の皆様方に安全で最善の医療をお届けするとともに、ナショナルセンター(国立高度専門医療研究センター)として将来の、より良い医療のために、先進医療を開発しそれを実践していく使命を負っています。

この度、そのための第一歩として、当センターにおいてバイオバンク事業を開始することになりました。バイオバンク事業は、患者の皆様方のご了解の下に、皆様の血液などの生体試料ならびに医療情報などを匿名化して集積し、それらを病気の成因・病態の解明ならびに新しい治療法や治療薬の開発のために活用することを目的とした事業です。

国立研究開発法人
国立国際医療研究センター
理事長 春日 雅人

国立国際医療研究センター(NCGM)の取り組み

NCGMでは、感染症・生活習慣病等の国際的に重要な疾患の病態解明と克服を目指しています。

取り組みについて

  • 革新的な新規ウィルス治療薬開発への活用
  • 肝炎等の病態進展に関わる因子同定と
    簡便な診断技術の確立
  • 生活習慣病に関する新規標的分子の同定や
    合併症のバイオマーカーの探索
取り組みについて

NCGMバイオバンクの目標

将来の診療に役立つ医療研究のために

バイオバンクとは、提供されたヒトの細胞、遺伝子、組織等について、研究用資源として品質管理を実施して、不特定多数の医学研究に利用する非営利的な仕組みを意味します。国立国際医療研究センター(NCGM)は、より良い高度専門医療を提供できるよう、診療の高度化と医学研究のための体制を整備し、「NCGMバイオバンク」を創設いたしました。また、NCGMを含む6つの国立高度専門医療研究センター(6NC)は、連携してバイオバンクネットワーク(NCBN)を運営しています。

「NCGMバイオバンク」は、将来の診療に役立つ医学研究のために、皆さま方から生体試料(バイオバンク用に採取される血液や排泄物ならびに日常の診療や研究に由来する残余試料)、および医療情報(質問票や診療情報ならびに予後の情報)のご提供をお願いしております。そして、皆さま方の同意のもと、これらの生体試料や医療情報を長期間保管して、現在の研究や将来計画される様々な研究に提供することで、医療の高度化に貢献することを目指しています。

取り組みについて

NCGMバイオバンクの組織体制

NCGM関連委員会等内規(2015年2月発効)に基づく

NCGMバイオバンクの組織体制

ナショナルセンター・バイオバンク・ネットワーク(NCBN)プロジェクト

NCBNとは、国立がん研究センター(NCC)、国立循環器病研究センター(NCVC)、
国立精神・神経医療研究センター(NCNP)、国立国際医療研究センター(NCGM)、
国立成育医療研究センター(NCCHD)、国立長寿医療研究センター(NCGG)の
6つの国立高度専門医療研究センター(ナショナルセンター:NC)が協力して取り組むプロジェクトです。
NCGMのバイオバンクはその中の一つです。